FC2ブログ

今朝は静かだが・・・

嵐の前の静けさか、凄く静かな朝です。やや湿度が高めだが、室温20で音極めて爽やかな寝起き。


29静 (1)


29静 (2)


29静 (3)


29静 (4)


29静 (5)


悪天候だったが、久しぶりにふるさと風の定例会に・・・


その後、やはり久しぶりにカフェえんじゅへ・・・

30嵐前 (1)







石岡市民会館で善循環に関しての集会が盛大に行われた、えんじゅのNしから解説を受けたので、色々調べてみた・・・

理論の観点

●論理性(低):EM菌は理論的な支えを抗酸化力に頼っている面もあるが、たとえば「抗酸化波動」など、何を意味しているかわからない概念もみられ、理論全般に疑問がある。また、自然界の方向性を決定する要因として「蘇生と崩壊」を挙げ、これらは生物体や反応場において生じる抗酸化力の水準によって決定されるとしているが、「崩壊」や「蘇生」が具体的にどういうものなのか、そもそも「自然界の方向性」とは何であるのかという合理的な説明はない。EMの作用機序に関しては中心的な研究者である比嘉氏自身も、「組み合わせの妙」と語っており、理論的な根拠に乏しい主張であることがうかがえる。

●体系性(低):EM菌の効果主張の範囲は多領域に及んでいる。ここでは、EM菌の「農業」「環境」「医療」「微生物利用」という4観点から評価する。

・農業……
EM菌が農業において特にどのような効果があるのか、その実態は今一つはっきりしない。よく見受けられるのは「害虫に強い食物が育成される」「栄養が豊富になり収穫量が増える」といった主張である 。EM菌の説明によると、それらはEMの抗酸化力による作用であるとしているが、EMに本当に抗酸化力があるのか、そしてそれがどのように作用して農業効果が得られているのかについての合理的な説明はない。また、微生物の農業利用については古くからおこなわれており、たとえばBT剤(バシラス・チューリンゲンシス)といった蝶、蛾、コガネムシ、蚊などに対して「のみ」毒性をもつ微生物農薬 が広く用いられている。「従来の微生物関連資材の常識をはるかに超えたものである」という主張に裏付けの取れないEM菌は、対抗理論として魅力的ではないといえる。

・環境……
EM菌の利用によって生ゴミのニオイを消したり、汚れをおとしやすくしたりする効果はあると思われる。微生物資材として微生物による有機物の分解や、酸性液による汚れの分解といった効果が期待できるためである。また、水の浄化や土壌汚染の回復などの効果も謳われているが、それらについては、バイオコンバージョン(生ごみの肥料化)やバイオレメディエーション(土壌汚染の修復) 、バクテリアリーチング(有害金属を無害化)などが既に提案されており、研究も盛んに行われている[7] 。さらに、ダイオキシンの除去効果も主張されているが、キノコの一種である白色腐朽菌にダイオキシンを分解する作用があることは微生物学分野で既によく知られているため、(整合的ではあるものの)EM菌を採用する積極的な理由とはならない。既に蓄積されている微生物学的知見の方がEM菌による主張よりも整合性が高く、あえてEM菌に頼るほどの魅力はないといえる。また、コンクリートの強化や放射性物質の除去に効果的であるとの主張は科学的知見と全く整合的ではない。

・医療……
EM菌では癌への治療効果、パーキンソン病やアトピー疾患に対する治療効果が主張されている。ここではパーキンソン病を例に挙げて評価を行う。パーキンソン病とは、脳内のドーパミン不足により「四肢の痙攣」「体に力がはいらない」「意志とは関係なく体が震える」などの症状がでる疾患である。これまでに多くの研究が行われているものの、発症原因についてまだ統一した見解には至っていない。EM菌の主張によると、EMのもつ抗酸化力がヒト体内の免疫力を高め、それによってパーキンソン病に対する治療効果、予防効果があるとしている。たとえば、EM‐XなどのEM関連製品を飲むと身体の抗酸化機能が強化され、その結果病気が治るといった具合である。しかし、少なくともパーキンソン病に関しては、これだけでは治療効果の説明にならない。パーキンソン病の基本病態は中脳の黒質でつくられるドーパミン不足であり、医学的には神経内科に分類される疾患である。神経伝達物質に関与する疾患であり、病態として「身体の酸化」は直接的には関与しない。少なくとも治療に関して、パーキンソン病とEMで謳われている「抗酸化作用」はほとんど関係がないと考えるのが自然であり、仮に身体の抗酸化力が高まったとしても、パーキンソン病が完治する(治療効果がある)とは考えにくい。パーキンソンの発病に関してのみいえば「ミトコンドリア障害」という説が有力視されてはいる 。これは、活性酸素の過剰発生が発病原因となるのではないかという説であり、そういう意味では抗酸化作用による健康効果もいくらか期待できるかもしれない。しかし、その場合でもやはり治療に直接的に作用するとは考えにくい。EMの医療効果については治療・予防を抗酸化作用に依存しているが、それだけでは説明しにくい各病態に関する詳細な理論がないのが実態である。

・微生物利用……
「好気性微生物」と「嫌気性微生物」は全く性質の異なるものであり、これらが共存できるとするEM菌の主張はこれまでの微生物学の知見と接続性が悪いという指摘がすでにある。EM菌の主張は総じて整合性が高くなく、また、あえてEM菌を採用する理由もないと評価する。

●普遍性(低)

EM菌の主張によると、かなり広い普遍性があることになる。単なる農業利用にとどまらず、環境、工業、医療など幅広い分野に応用可能だとしており、現に応用されている。しかし、微生物の働きで説明のつかないものについては、EMの「波動」の効果やEMによる「結界(場)」の効果と説明しており、その場しのぎによるものであることが見受けられる。しかもここで言う「波動」とは、物理学用語で用いられる波動とは異なり、独自の機器(MRAクラシックやLFTなど)にて測定した「波動」である 。こうした機器が実際何を測定しているかは(少なくとも物理学的には)不明であり、ゆえにEM菌が主張する普遍性の広さも疑問である。

データの観点:

●再現性(低)

国内外において、EM菌による効果を検証する研究は行われており、効果は最大でも他の農業用微生物資材と同程度という結果となっている[11] 。EMの主張によく見られる多様な分野への効果(医療応用や放射線除去効果)は、これまでのところ確認できない。

●客観性(低)
EM効果に関するデータは、開発および販売元が検証に関して消極的なことが原因で、客観的な研究体制が整っていない。また、効果を主張する際の根拠の多くは中心的研究者である比嘉氏の書籍などで描かれた記述を基にしており、厳密に管理されたデータとは言い難い。

理論とデータの観点:

●妥当性(低)

たとえばEMによる農業効果では、前述の波動測定装置(MRA=共鳴磁場分析器)といった正体不明のデータを担保にしており、妥当性を高く評価できない。医療効果については臨床事例の逸話が報告されているのみであり、そもそも医学的効果を検証するための手続きを踏襲していない 。本当にEMによる効果なのかどうか、たとえば顕微鏡によって視覚的に確かめられているわけではなく、妥当なデータが収集されているとはいえない。

●予測性(低)

主張されているEMの効果は絶大であるため、主張が正しいのであれば容易に観測可能な結果が得られるはずである。しかし、EMの劇的効果がきちんと検証されているとは言い難く、EMの効果が本当だとした場合の予測は繰返し外れている。

社会的観点:

●公共性(低)

EM菌の提唱者であり主要な研究者でもある比嘉照夫氏は、EM菌の効果について外部での研究を認めないとする発言を行っている。EM菌における批判的研究を、比嘉氏自身のホームグラウンドでもある「EM研究機構」の同意なしに行うことは認めておらず、また、そもそもEM菌は批判的科学研究の対象ではない、という姿勢すら示している 。肯定派のみの狭いコミュニティによって研究活動が推進されており、公共的であるとはいえない。

●歴史性(低)

EM菌の主張は、肯定派による閉鎖的なコミュニティ内でのみ活発な議論がなされているようである。たとえば、「日本土壌肥料学会」はEM菌に対して否定的な立場をとっており、EM菌の効果に対して批判を投げかけている 。一方、EM側の反論ではEM菌の有効性に関する議論よりも、学会などの体制批判が主旨となっている 。EMの主張は、「日本土壌肥料学会などのあり方に関する議論」ではあっても、「EM菌の効果に関する議論」ではなく、科学的な議論がされているとはいえないと評価する。

●応用性(低)

たとえばEM菌による効果を狭義の範囲(生ごみの臭い消しなど)にのみ主張するのであれば、単なる“ブランド名”や“商標”といった枠組みに収まる可能性もある。しかしEMの積極的な推進派には、この世界の問題すべてをEM菌によって解決できるとするかのような主張がみられ、社会的な試みとして「危うい」といえる。「EM菌は神様」「善悪はEM菌によって説明できる」といった“信仰”と表現しうる主張が随所に見られ、個人の道徳性に訴えかけた形のコミュニティ拡大がみられる。
  EM主張には単なる営利的な目的ではなく倫理や道徳性を強調している面があり、しかも「科学・技術の知見」を装って応用されているため、根が深い問題であると思われる。

総評:

疑似科学

世界の全ての問題がEM菌によって解決されるとは考え難く、効果としては身近にある極めて狭義の範囲がせいぜいだろう。また、数少ない効果は特にEM菌に限った作用ではなく、しかも他の突拍子もない効果を肯定するわけではないことにも注意が必要である。

  EM主張において最も危惧すべき点は、多くのEM肯定者が道徳的に“善”であるという信念に基づいて行動していることにある。随所に見られる「共存共栄」というキャッチコピーが人々の道徳心に働きかけ、それが支持基盤を築くに至った要因であると考察できる。

  疑似科学であると評するが、本項における「疑似科学」はたとえばサプリメントにおける疑似科学性とは少し性質や意味の違う「宗教的なもの」であることを強調したい。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Toukichi

Author:Toukichi
緑豊かな・・・
八郷の自然を・・・
守り育てる・・・

カテゴリ

八郷の丘の日々を・・・

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR